2018年3月4日ジェフユナイテッド千葉 – 水戸ホーリーホック ドイツ人から見たJリーグ JEF United Chiba – Mito Hollyhock FC Japan

フットボール/football




JEF United Chiba – Mito Hollyhock 04.03.2018

「日本に初めて来た文化や考え方も違う外国人の視点」から見たJリーグ、スタジアム、そしてサポーターの姿を紹介します。第二弾です。
こういう視点でJリーグを観てみるのもおもしろいかもしれない。中にいれば気づかないこともあるし、客観的でないと、そして日本のことを全く知らない外国人でないと気づかないこともあります。ショートレポートですが、何かの示唆になれば嬉しいです。

photos








Text in English

A beautiful sunny and warm Sunday in Tokyo should set the scene for my 2nd Japanese football match during my journey. But it all started with chaos and stress.
In the morning, my friend and I had to move from our hostel in Asakusa to spend one night at the APA Hotel right next to Narita station because we would be flying to Sapporo the next morning to see Hokkaido and northern Japan. Our plan was simple, first move all our luggage to the APA at Narita and after that we would be taking our big bags back with us because we would be leaving them at Tokyo. Big thank you again to Hikaru for giving us the opportunity to leave our stuff at his place.
Long story short, my friend did not feel well at all and it took us nearly 3 hours to finally arrive at the APA in Narita. By the time we got to Narita it was already 1pm. No need to say that it was obvious that I had to visit the match alone. So, for the first time I had to travel all alone from Narita back to Chiba, change trains take the next line to Soga station and walk my way to the stadium. Sounds easy to you? Well, if it is just your 3rd day in Japan and you can`t read or speak a word of Japanese you will have mixed feelings I can assure you. Additionally, I had to carry two big pieces of luggage. But luckily for me the signs and announcements all have been in English as well so I had no problem finding my way.
After watching the train schedule, it was obvious that I would be approximately 15min late and the match would have already been started. Hikaru told me to come to the north gate and that he would give our tickets, or in this case just my ticket, to one of the security guys. As I walked up the road I already heard the crowd singing and sound of the drums, so I got really excited to finally enter the stadium. After some asking around talking I finally found the security who had the ticket for me. I worried a lot about what to do with my two big pieces of luggage but he told me to just leave them at the gate and pick them up later, no problem. You need to understand that in Germany many football clubs do not allow fans to bring backpacks or even small shoulder bags into the stadium and everybody would think you are absolutely stupid to bring two big pieces of luggage with you.
Anyways, I entered the stadium and was surprised that only 5 minutes had passed even though it was already 14:20. I was later told that the referee had the away team change jerseys because both teams had too similar colors. I wasn`t unhappy about that at all. Unfortunately, I had missed the intro choreo from Chiba Ultras consisting of two rows of many small green and yellow flags. But during the match the crowd used them many times so I got an impression how it may looked like, very cool. I also enjoyed the Argentina style drum and rhythm of the Chiba Ultras. Being a drummer myself I couldn`t help smiling all the time. From time to time I still sing to myself ohho ohhoo oh oh oh ohhho JEF United, that one became a pretty serious catchy tune to myself, can`t get it out of my head, thanks for that. The stadium itself is really cool, oval shaped but still very close to the pitch and nicely steep inclining steps. That`s what a football stadiums needs to look like.
The match itself was unfortunately rather boring, JEF had many good opportunities to score but they made it way to complicated near the box. I couldn`t fail to see that many supporters had hoped for more. I was later told many times that this was quite a poor performance giving the fact that the opponent team isn`t considered as very good and that JEF want to be near the top of the league again. I will cross my fingers and wish you good fortune for the matches to come.
After the match, I could take a look into the Ultras shop. Thank you very much for the present, I appreciate it.
We spent the evening in a restaurant talking about football and many other things. That was a real well-rounded day.

Very big thank you to Hikaru for the hospitality and spending the evening with me. Be careful with the peppermint Schnaps, remember what I told you =)

日本語訳

快晴で暖かい気候の中で今回の旅で2回目の日本のフットボール観戦だ。しかし、予期せぬトラブルと大きなストレスから始まった。

トラブルとストレスの原因

※翌朝の成田からのフライトに備え、成田のアパホテルへ移動しないと行けない。
※大きな荷物を持っている。
※同行者が食中毒にかかっており、まともに移動できないので時間をロス。
→後日、いっしょに医者に連れて行き、回復しました^^;
※初めての日本で複雑な電車移動をしないといけない。
※彼(Paul)は日本語が全く分からないし、もちろん読めない、話せない。

様々なトラブルがあった。スタジアムまでの電車を調べてみると、約15分遅れており、試合開始には間に合わないことが分かった。でも、間に合わなくても行く必要がある。スタジアムへ着いた頃には既に試合は始まっていた。スタジアムへ近づいていくにつれて、ドラムの音と歓声が大きくなり、徐々に興奮してきた。
実は試合前にチケットを受け取る予定だったが、トラブル続きでそのチャンスを逃してしまった。でも、友人のHikaruが機転を利かせてくれて、チケットを警備員経由で渡してくれた。本当にありがとう。
また、俺は大きなバックパックを持ってきてしまった。ドイツのスタジアムでは大きなバックパックはセキュリティ面からスタジアムに持ち込みできないことが多い。だから、スタジアムには入れるか心配したが、入り口で預かってもらえると聞いて安心した。「大きなバックはスタジアムへ持ち込めない」このルールは今後ドイツでフットボールを観る機会があれば知っておいた方がいいだろうね。(大きさや対応はクラブによります)
スタンドへ入った時間は14:20だったが、なぜか試合開始5分しか経過していなかった。あとで分かったのだけど、非常に馬鹿げた話だが、レフェリー(黄色)とジェフ千葉(黄色)が同じだと水戸からクレームが入り、レフェリーが着替えることになったから試合開始が遅れたそうだ。でも、別にそれは気にすることじゃない。それよりも、千葉のフラッグを使ったコレオグラフィが観られなかったのが非常に残念だった。でも、千葉のファンは試合中も何度かこの旗を使っていたので非常にクールな印象を受けた。やはり旗は振らないと意味がない。旗は振るためにあるんだ。
また、千葉のアルゼンチン風のドラムとメロディが自分にとってキャッチーだった。俺も地元イェーナでドラムを叩いているので、ドラムのリズムや音を聞くと微笑まずにはいられなかった。少しの間しかいないけど、チャントもシンプルだからすぐに口ずさむことができた。シンプルなチャントはすぐに頭に入るから、すぐに歌える。
スタジアムをいろいろな角度から見てみたが、このスタジアムは傾斜も形も良く、ピッチまでの距離も近い。サッカースタジアムとはこういうものだよね。
まあ、試合自体は退屈だった。千葉にとっては何度もゴールを奪うチャンスがあったのにも関わらず、この日はゴールが遠かったね。

試合後は、ウルトラスショップへ立ち寄ったり、夜ご飯を食べながらフットボールについて語り合った。日本のフットボールを経験したことは俺にとってすごく大きなことだ。

ペパーミントシュナップス(お酒)の飲み過ぎには気をつけて:) いろいろと機転を利かせて対応してくれて本当に嬉しかった。

ゲームインフォ/game info

スタジアム/stadium:フクダ電子アリーナ Fukuda Denshi Arena (Chiba)

観衆/attendance:11285

試合結果/result:ジェフユナイテッド千葉(JEF United Chiba) 0 – 0 水戸ホーリーホック(Mito Hollyhock)

※意訳も入っています。また、翻訳のミスもあると思いますが、そこはご容赦ください。むしろ、教えていただきたいです^^

「日本に初めて来た文化や考え方も違う外国人の視点」から見たJリーグ、スタジアム、そしてサポーターの姿。皆さんはどう感じますか?感じ方、受け取り方は人それぞれで良いかな、正解はないから。

彼はよく「フラッグ(旗)」について言及することが多い。旗は視覚的にもビジュアル的にも訴求効果があるといいたいのだろうか?旗についてはどう思いますか?

photos and text Paul,translater Syu Oba