2017年7月21日セメン・パダンFC – アレマFC SemenPadang FC – Arema FC Indonesia

フットボール/football




パダンは西スマトラの100万都市。この街を本拠地にするのがセメンパダンFCだ。インドネシア1部リーグでも毎年中上位に位置し、安定した成績を残している。
しかし、今シーズンは低空飛行が続き、なかなか勝利に恵まれない試合が続く。
この日はアレマFCを迎えたホームゲーム。9000人以上のファンがスタジアムへ集まった。スタジアムのキャパシティが公称28000人だが、9000人近くで立錐の余地もないのなぜなのか‥。
試合開始は18時半、しかし、定刻になっても選手は出てこない。そしてアレマFCのファンも試合開始予定時刻になっても現れない‥。なんとも言えないこのルーズ感。
10分ほど経過してようやくスタンドが盛り上がる。いよいよ選手の入場だ!セメンパダンFCのファンは両ゴール裏に主に3つの団体が陣取っている。メインスタンドから向かって右手側、左手側、右手側にはアウェイファンエリアの隣にも少数の団体が集まっていた。
選手が入場するとそれぞれのエリアから、別々の応援が聞こえる。選手が入場すると同時にアレマFCのファンも到着した。
試合は効率よく2得点を挙げたセメンパダンFCが勝利。ホームのファンも大喜び。ここインドネシアでもフットボールは一番人気のスポーツ。プレーにクラブにみんなが熱い想いをぶつける。プレーのレベルでいったら高いとはいえない。しかし、プレーレベルなんかよりも気持ちの部分の方が大切だ。

インドネシアのフットボールは本当に熱い。スタジアム全体で一人一人のファンが思いの丈をぶつけている。その姿が印象的だった。

セメン・パダンFC/SemenPadangFC

セメンパダンのファンは両ゴール裏に別れている。正確には両ゴール裏+アウェイ側ゴール裏寄りにもう1グループの合計3方向からの応援。試合中は、両ゴール裏からの声援が飛び交う。

 

アレマFC/AremaFC

 


 

その他写真/other photos


物売りのおばちゃん。


ペットボトルは持ち込み禁止。移し替えられます。


スタジアムグルメ?東南アジア風焼き鳥(サテー)。ピーナッツベースの濃厚ソース。中にはジャガイモも入っている。ここのソースはピリ辛だ。


周りが暗いからライトが一層煌々としている。霞がかっているのはスタンドは全てのエリアで喫煙可能でスタンドも堂々と喫煙できるから。インドネシアは喫煙に関する年齢制限がなく、中学生でもタバコを吸える。実際に周りにいた明らかな「ガキ」が当たり前のようにタバコを吸っていた姿に驚いた。そして喫煙率が非常に高い。
だからスタジアム全体が煙たい。それもまたフォトジェニックなんだけど(笑)

チケットブースというものは存在しない。何人かがチケットを持っていて、それを買う仕組み。だから道行く人から「do you have a ticket?」と訊かれたわけだ。チケットはVIP席で120000ルピア(約900円)
the most expensive tiket price is 120000Rupiah.


今回チケットを売ってくれた「ダイハツマン」。地元のダイハツの工場に勤めているそうだ。He is Daihatsu-man,he is working in Daihatsu,Padang.


パダンのことをいろいろと教えてくれた子ども達。インドネシアはイスラム教の国。女性はヒシャブというかぶり物を身につけている。イスラム教の国では女性のスポーツ観戦を禁じている国があるが、インドネシアでは問題ないようだ。



セメンパダンはこのシーズンなかなか勝ち星に恵まれず、来季は2部へと降格した。

Youtube

試合日時/date

2017年7月21日/21.07.2017

スタジアム/stadium

ハジアグスサリムスタジアム/Haji Agus Salim Stadium

観客数/attendance

9,754人/9.754

試合結果/result
セメンパダンFC/SemenPadangFC 2 – 0 アレマFC/AremaFC
チケット/ticket

120,000ルピア/120.000IDR

メモ/Memo


パダンは西スマトラ最大の都市です。マレーシア・クアラルンプールから飛行機で1時間、料金は早めにとれば往復5000円くらいです。(エアアジア)


穏やかな海。パダンはスマトラ地震で大きな被害を受けた街だ。


掘っ立て小屋?のような商店。同じような店が何軒も続きます。商売になるのかな‥。たぶん商売になるからやっているのでしょう。


ナシゴレンは本格的な味付け。

パパイヤジュースは生搾りです。ドロッとしていて自然の甘さ。すごくおいしい!

ホテルでナシゴレンとパパイヤジュースをオーダーしてみました。これで合計43000ルピア(約350円)です。


ホテル近くで夜だけ営業する屋台。サテー呼ばれる東南アジア風の焼き鳥。10本セットで150円もしないくらいだったはず。ピーナッツベースの濃厚な甘いタレ特徴。屋台によって微妙に味付けが異なります。

また、東南アジアの衛生レベルは日本とは異なります。おなかの弱い人は注意してください。特に屋台などは地元の本当の味を楽しめますが、衛生面でのリスクはかなり高いです。どこで当たったか分かりませんが、これまで経験したことのないようなひどい下痢が数日間止まりませんでした。

photos and text by Syu Oba