【special】発煙筒とフットボール-Pyroshow and Football

フットボール/football




煙×フットボール/Pyro show and Football


先日、ドイツのハンブルガーSVが史上初の2部降格を喫した。試合終了直前に、一部暴徒化したファンがピッチに発煙筒を投げ込み、試合は中断。非常に後味の悪い結果になった。こういった負の面もある発煙筒だが、「ビジュアル」の面から見ると非常に幻想的で、美しい面もある。今回は「煙×フットボール」を実際に現地で撮影してきました。

スポンサードサーチ/sponsored search

1.FCウニオンベルリン(ドイツ)/ 1.FC Union Berlin




アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)/ Eintracht Frankfurt




スポンサードサーチ/sponsored search

レフ・ポズナン(ポーランド)/ Lech Poznań






FCバーゼル(スイス)/ FC Basel




スポンサードサーチ/sponsored search

FCコペンハーゲン(デンマーク)/ FC København






FCザンクトパウリ(ドイツ)/ FC St.Pauli


スポンサードサーチ/sponsored search

ハンマルビーIF(スウェーデン)/ HammrbyIF


AIKソルナ(スウェーデン)/ AIK Stockholm


発煙筒に対する意見。

フラッグに関して、実際に友人に聞いてみた。彼らはドイツに住んでおり、日本語も勉強をしており、日本の文化、フットボール文化も知っている。まずは「ひいきのクラブの試合をたまに観に行く」一般ファンM.B(20代男)の意見。

ドイツではたまにスタジアムで発煙筒が焚かれる光景を目にする。日本では目にする事ができないので、新鮮なんだけど、君はその発煙筒についてどう思う?率直な感想を聞かせてほしい。

「発煙筒」は確かにドイツのフットボールの一シーンであるけど、発煙筒が発端でケガをしたりすることもあるし、事件に繋がることもあるから、個人的にはあまりいい印象は持たないかな。特に発煙筒を攻撃的な目的に使ったり、それが一般のファンや選手にまで及ぶこともあるからね。

ありがとう。じゃあなんでウルトラスは発煙筒を使うんだろうね?

俺はウルトラスじゃないからわからない。彼らなりのアイデンティティというか考え方があるんだろうけどね。でも、もし、お互いのウルトラスがビジュアルのため、そこに攻撃的な目的がないのなら、雰囲気も出るし発煙筒の利用はありだと思う。現に、発煙筒があるとテンションも上がるし、みんなカメラを構えるからね(笑)それはあくまで個人的な意見だけど。

次に「ほぼ毎試合観戦し、実際にアクティブに活動するウルトラス」のM.D(20代男)の意見。

君は毎試合行くような真のウルトラである事は知っているので、「ウルトラ」という立場で話を聞きたい。ドイツのスタジアムでは時に発煙筒が焚かれて、ビジュアル的にも影響があるし、それが発端でトラブルにも発展することがある。君は発煙筒についてはどう思うかな?

まずウルトラスの起源はイタリアにあり、イタリアでも発煙筒が使用されている。だから、ドイツにもそれが伝播して自然と使用されるようになった。現に、ビジュアルとしてはインパクトがあるものになるし、サポートの手段の一つではあると思っている。また、発煙筒が好きなヤツらもいるし、こればっかりは価値観の問題かな。確かに危ない面もあるけど。

確かにそうだね。ウルトラスとしては発煙筒を許容しているような雰囲気があると思うけど、他の人はどう思っているのだろう?

ウルトラス、ウルトラスじゃない問わずに発煙筒が好きな人は一定数いる。しかし、その逆も然り。だから、発煙筒に関してはみんな同じような意見を持っているわけではない。そもそもフットボールに対する関わり方も人それぞれ違うわけだしね。俺は発煙筒は結構好きだけどね。見つかると面倒だから、顔は隠すけど(笑)

海外がいい、日本がいいと断じるつもりはありません。日本では法律的な面も含め、発煙筒は禁止されています。海外でも原則禁止だが、監視の目を盗み、発煙筒を使用する。それに関しては賛否両論いろいろな意見がある。

皆さんはどう考えますか?

いろいろな視点でフットボールを観ていくとおもしろい!

photos and text by Hikaru Tomida & Shu Oba

youtubeチャンネルはこちら!

海外サポーターグッズショップオープン!

海外直輸入のグッズが入荷しました!数量限定ですのでお早めに!






ショップはこちら。

「Panenka Magazine」(パネンカマガジン)の日本語版が創刊!

2018年4月にオランダ発のフットボールカルチャーマガジン「Panenka Magazine」(パネンカマガジン)の日本語版が創刊しました。パネンカマガジンはオランダ発のフットボールカルチャーマガジンです。このマガジンでは他の媒体では知り得ないようなディープなヨーロッパフットボールカルチャーの写真たコラムが掲載されています。オランダをはじめとしたヨーロッパフットボールカルチャーを身近に感じることができます!

中身の一部を特別に公開!







現在はvol.01が創刊しておりますが、今後vol.02、vol.03と出していく予定です。創刊号はアマゾンで購入できます。現在はkindle版のみの取り扱いです。詳しくは下記リンクからどうぞ!


Panenka Magazine(パネンカ マガジン)vol.01 2018年4月: ヨーロッパ発フットボールカルチャー誌

こういうテイストのマガジンは日本にはありません。今はネットや動画でいくらでも世界中のフットボールカルチャーを感じることはできるけど、やっぱり実際に観て、聞いて、感じないとね!是非手にとってヨーロッパフットボールカルチャーを感じてください!今後、我々も新たなアクションを起こしていきます!

お問い合わせ先

パネンカマガジン/Panenka Magazine

【ホームページ/homepage】
https://www.panenka-magazine.jp/
【SNS】
Facebook: https://www.facebook.com/PanenkaJP/
Twitter: https://twitter.com/Panenka_JP
Instagram: https://www.instagram.com/panenka_jp